さまざまな相続の節税方法

増税が始まりましたので、とにかく安くしたいという町医者さんが増えてきました。そんな時、相続税の対策さえしとけば実は大きなお金を節約できるのです。実はこれが見落としがちなことです。しっかり覚えておいてください。確実な節税になる、そういうワザはあふれておりますが、まず一番重要なものからご紹介しましょう。

まず貸家を購入することによって、相続税の節税につながるってほんとでしょうか。

例えば現金5000万円を親が保有しているとします。その親が亡くなってしまい、相続権利が子供である自分のところに来た場合現金5000万円を相続するよりも、5000万円の貸家を取得した後に亡くなって相続した方が相続税は減額されるのです。なんとその額は5000万円の現金で相続した時に比べて評価額が30パー下がるんです。現金そのものだけではダメで、現金で不動産を購入していると不動産の相続税評価額が現金で持っている時に比べて30%も下がるのです。節税したいのであれば現金で相続するよりも貸家の状態で相続した方がよいのです。

土地の評価額は2割減になるってのもほんとでしょうか。

貸家の敷地は貸家建付地になりますので、20%程度評価額が下がります。借家権割合は全国一律で30%になっているので、借地権割合に借家権割合をかけた分だけの評価が下がることになるのです。

不動産を活用して相続対策っていける?

不動産を利用すれば、それだけでも遺産相続対策をすることもできるのです。不動産を活用したものもたくさんあるのですが、特に1つをご紹介いたしますと、相続対策の場合、ワンルームを販売する会社だとワンルームを販売するのは当然ですが、建築会社だと賃貸マンションを建築する・・これも当然のお話ですが、ゴールがみえた提案をする業者だからこそろ業者なのですが、不動産による相続対策を行う時にはアパートやマンションを建築する方法のほか、駐車場として活用したり、遊休地を売却して投資用マンションを購入したりする方法もあります。また生命保険とは死亡や怪我、病気などに備えて加入する保険ですがこれも節約で使えるんですよね、詳しくはまた別途ページを作りますが。ただ生命保険で受け取った保険金は法廷相続人の数に500万をかけあわせて非課税という決まりがあります。